岐阜で家を売るならこの業者におまかせ!口コミで評判の不動産買取業者をランキング形式で紹介しています。

不動産売却の成功のカギは広告!最適な広告の種類と特徴を解説!

公開日:2022/04/15  最終更新日:2022/04/18


不動産売却の成功を握るカギは、広告にあるといっても過言ではありません。いくら物件がよくても誰の目にも触れないと買主は現れません。また、広告に掲載する内容がいい加減では、なかなか買主が見つからないでしょう。今回は、不動産売却をするときに最適な広告の種類と特徴を解説します。ぜひ、参考にしてください。

不動産売却時におこなう広告活動の種類

不動産売却をするとき、広告活動と種類は複数あります。ここでは、代表的な広告活動と種類を5つご紹介します。

■レインズへの登録

レインズとは、ほとんどの不動産会社が利用するネットワークシステムです。大規模、小規模関係なく、ほとんどの不動産会社はレインズを見て物件の情報を確認します。つまり、レインズに登録すれば多くの不動産会社に情報を露出できるのです。通常、不動産会社に売却を依頼すると、不動産会社はレインズに情報を登録します。レインズは、全国の不動産会社が利用するので、強力な広告活動のツールとなるでしょう。

■不動産のポータルサイトに掲載

不動産のポータルサイトは、複数の不動産会社が仲介もしくは所有する物件の広告をまとめて、WEB上に掲載します。不動産のポータルサイトはいくつかありますが、「SUUMO」「LIFULL HOME’S」「アットホーム」が有名です。ポータルサイトは、インターネットができる環境にあればスマートフォンやパソコンから気軽に閲覧できます。場所を問わず簡単に情報を閲覧できるので、多くの人に広告を見てもらえるでしょう。

■自社のホームページに掲載

自社のホームページに広告を掲載する会社もあります。ポータルサイトと同様に、インターネットができる環境であれば場所を問わず情報を閲覧できます。ただし、自社のホームページは不動産のポータルサイトより広告の露出度が下がるでしょう。

■住宅情報誌に掲載

住宅情報誌に広告を掲載する方法もあります。住宅情報誌は、手軽に入手でき魅力的です。コンビニや商業施設、書店などさまざまな場所で一度は目にしたことがあるかもしれません。ほとんどの住宅情報誌は、無料で手に入ります。

■現地に看板を設置

現地に看板を設置し広告する方法もあります。看板を設置すると一目で売却していることが分かり、周囲の人にアプローチできます。「たまたま通りかかったら、よい土地を見つけた」と買主がすぐ見つかる場合もあるでしょう。このほかにも、新聞の折込みチラシやポスティングチラシ、店頭にチラシを掲示する方法などさまざまな広告活動があります。

最適な広告を選ぶには

最適な広告を選ぶには、自分の目的を明確にする必要があります。ここでは2つ例を挙げ、目的別にどのような広告が最適かお伝えします。

■短期間で売却するならWEBサイトで広告を

短期間で売却するなら、WEBサイトで広告する方法をおすすめします。短期間で売却するとなると、最大限に広告を露出させる必要があります。WEBサイトは気軽に見られ、多くの人の目に触れやすいです。短期で売却を考えるなら、WEBサイトの活用を検討するとよいでしょう。

■近隣に知られたくないならチラシで広告を

近隣に不動産売却を知られたくないなら、ポスティングチラシを活用して広告するのがおすすめです。ポスティングチラシは、広告を露出したい相手を選べます。たとえば、近隣の住宅や施設にチラシをポスティングしなければ近隣に売却するのを知られずに済みます。近隣に不動産売却を知られたくないなら、不特定多数の人の目につきやすいWEBサイトの活用も控えましょう。

不動産会社に広告を依頼する際の注意点

不動産会社に広告を依頼する際には、いくつか注意点があります。ここでは、重要なポイントを3つご紹介します。

■物件の写真をたくさん掲載する

広告に掲載するために、物件の内観、外観の写真は必要不可欠です。たとえば一戸建ての家を売却したい場合、間取りの図面が数枚と外観の写真1枚の広告だけでは、そこでの生活がイメージしにくいです。洗面所や浴室、キッチンやリビングなど生活で欠かせない部屋や設備の写真があると生活のイメージがつきやすいでしょう。玄関や階段などの写真もあるとなおよしです。

■嘘をつかない

嘘をつかず、正しい情報を伝えましょう。売りたい気持ちが先行して、よいことばかり伝えてはいけません。たとえば、「2年前に外壁にひびが入ってしまい修理した」「最近キッチンのレンジフードがうるさい」など修理した経験や不具合があれば、小さなことでも伝えましょう。いざ内覧した際に「そんなことは広告に書いてなかった」といわれないようにするために、正しい情報の記載が重要です。

■売却額を明確に決める

売却額を明確に決めることも大切です。「2,000万円で売りたい」「1,800万円以下で売却はできない」と売却価格に希望がある場合、必ずその旨を伝えましょう。広告を掲出した後、買主が見つからないとすぐに価格を下げることは避けるべきです。

もし興味を持ってくれている人がいたとして、広告を見るたびに価格が下がっていたら「まだ値下げするかも…」と思われてしまう可能性があります。安易な値下げを避けるため、担当者と相談のもと売却価格を明確にしましょう。

 

今回、不動産売却をするときに最適な広告の種類と特徴を解説しました。広告の方法はさまざまです。不動産会社に広告を依頼する際の注意点を把握し、自分の目的にあった広告の方法を選ぶと、不動産売却の成功につながりやすいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

おすすめの不動産買取業者比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名栄楽不動産うかい不動産HOUSE DOまごころ住宅三井のリハウス 岐阜センター美濃善不動産
お問い合わせお客さんの状況に合わせた3つの査定方法全国どこでも無料査定マネープランやライフスタイルに合わせた選択肢を提案売主がこの人に売りたいと思った買主に不動産を売れるお客さんの要望に合わせて4つの部署が対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく