岐阜で家を売るならこの業者におまかせ!口コミで評判の不動産買取業者をランキング形式で紹介しています。

不動産売却と買取の違い。目的や状況でどちらを利用すべきか違う

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/26

不動産を手放すときの方法として不動産売却と買取の2つの方法がありますが、不動産売却にするか買取にするかで売却にかかる期間や売却価格、計画は大きくかわってきます。そこで、今回は不動産売却と買取の違いについて解説します。売却と買取のそれぞれのメリット・デメリットを紹介するため、自分にはどちらに合うか検討してみてください。

不動産売却のメリット・デメリット

「不動産売却」は、不動産会社が仲介し、個人の買主に不動産の売却を行います。不動産を売却する際のメリット・デメリットについてみていきましょう。

不動産売却のメリット

不動産売却のメリットは、買取よりも高い金額で売却できることでしょう。また、不動産仲介業者は、不動産売却が成功した場合、成功報酬が支払われるので、仲介業者は広告を掲載したり、販売活動も積極的に行ってくれたりします。

不動産売却のデメリット

不動産売却のデメリットは、売却までに時間がかかることが挙げられるでしょう。仲介会社の販売力次第では売却までに時間がかかって計画通りに進まない場合は、住み替え時期や資金計画を立てなおす必要もでてきます。また、内覧してもらうための準備や立ち合いが必要だったり、仲介手数料がかかってしまったりするデメリットもあるのです。

不動産買取のメリット・デメリット

「不動産買取」では、不動産会社が直接不動産を買い取る方法のことをいいます。それでは不動産買取のメリット・デメリットについて紹介しましょう。

不動産買取のメリット

不動産買取の最大のメリットは、売却にかかる手間が少なく早く売却できるところです。仲介による不動産売却だと、相談して現金化するまでに平均して3ヶ月程度かかるうえに、場合によってはいつ売却できるかわかりません。しかし、不動産買取であれば、価格査定から契約、物件引き渡しまで2週間ほどで現金化できます。瑕疵担責任も不要なので、売却後のクレームを受ける心配もありません。また、内覧や広告活動を一切行わないので、販売活動を周りの人に知られずに売却できます。

不動産買取のデメリット

不動産買取のデメリットは、不動産の売却価格が相場に比べて低くなってしまうところだといえるでしょう。一般的には、相場の50~80%になることが多いといわれています。たとえば、仲介で売却すれば4000万円の物件も、買取価格は2800万円ほどになってしまい、約1200万円損してしまうこともあるでしょう。買取の場合、業者はその不動産をリフォームまたはリノベーションして、転売して利益を上げるのが目的です。そのため、転売のための広告宣伝費やリフォーム費用、買取のための不動産取得税や登録免許税などの諸費用がかかるので、一般的な相場と比べて低くなってしまいます。

あなたの家は売却向き?買取向き?

不動産売却と買取のメリット・デメリットについて解説しましたが、それらを踏まえて、自分の不動産が売却向きか買取向きか検討しなければいけません。売却・買取のそれぞれが適しているケースについて解説していきます。

売却が適しているケース

多くの購入希望者が現れると予想できる物件は、仲介による売却が適しているといえます。具体的に、多くの購入希望者が現れる条件として、「築年数が新しい」「最新の設備や管理状態がよい」ことが挙げられるでしょう。他にも「人気エリアにある」「一般的なファミリータイプの間取り」であると、購入を希望する人が多くなる傾向にあります。需要のある人気の物件では、早期に売却でき、価格も希望通りに売れる可能性が高くなるでしょう。

買取が適しているケース

買主を見つけることに時間がかかりそうな物件は、買取による売却が向いているといえます。具体的には、「築年数が経っている」「間取りやレイアウトが古い」「立地が悪い」「旧耐震や事故物件」などであれば、買取が向いています。このような物件だと、仲介での売却に出したとしても、中々購入希望者が現れず、結果的に値下げをしなければいけなくなるケースがあるようです。さらに、売却時期が遅くなってしまう上に、納得のいく価格で売却できない場合もあります。初めから買取を選んでおくと、納得のいく価格やタイミングで売却できるでしょう。

 

今回は不動産売却と買取の違いについて解説しました。不動産売却では、買取よりも高く売れるメリットがありますが、購入希望者が現れないと売却時期が遅れたり、希望の売却価格で売れなくなったりするデメリットがあります。一方で、買取の方では早期売却できるメリットがありますが、売却価格が相場よりも低くなってしまうデメリットがあります。

不動産を売却にするか買取にするかは、それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、どちらか適しているのかを検討することが必要です。大きな金額が動くので不動産を手放す際は迷うことが多くなると考えられますが、本記事を参考にしてみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

おすすめの不動産買取業者比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名栄楽不動産うかい不動産HOUSE DOまごころ住宅三井のリハウス 岐阜センター美濃善不動産
お問い合わせお客さんの状況に合わせた3つの査定方法全国どこでも無料査定マネープランやライフスタイルに合わせた選択肢を提案売主がこの人に売りたいと思った買主に不動産を売れるお客さんの要望に合わせて4つの部署が対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく