岐阜で家を売るならこの業者におまかせ!口コミで評判の不動産買取業者をランキング形式で紹介しています。

不動産売却で「高く売る」「早く売る」のはどちらが得になる?

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/01/29

不動産を売却する際に「高く売った方がよいの?早く売った方がよいの?」とお悩みではありませんか?本記事では不動産売却において「高く売る」と「早く売る」のどちらがよいのかについて解説します。売却後の資金の使い道によって、早く売ったほうがよい場合と、希望の価格で売却できるまで待った方がよい場合があるので、参考にしてください。

高く売るメリット

高く売るメリットは何といっても、「多くの現金が手に入ること」でしょう。売却理由にはさまざまな背景があると思いますが、「時間がかかってもよいので、高く売りたい!」という方に向いています。

高く売るメリットは、全体の不動産価格が上昇している場合と、下落している場合で異なるのです。価格が上昇している場合は、売却完了時期を予測することで、希望タイミングで売却し、現金化できます。反対に、価格が全体的に下落しているときは、高く売ることは早く売ることでもあるでしょう。

ただし、高く売りたい場合は、売り出す時期や周辺の物件の状況を見計らって、価格を決めていくことが重要です。周辺の物件の価格はあくまで「売り出している最中の価格」で「売却できた価格」ではありません。本来のそのエリアで売却できると推定される妥当な価格を見極めることが必要です。高く売ろうとして売却価格を高く設定しても、なかなか売れず売り出し期間が長くなってしまうと、人気のない物件と思われて売れなくなってしまうこともあるので、注意しなければいけません。高く売りたい場合は、売却にかかる期間の目安は約1年なので、その時期を目安に売却活動を進めましょう。

早く売るメリット

不動産を早く売ると、短期間で現金を手に入れられるメリットがあります。また、不動産価格が上昇している場合は、次の住居を比較的安い価格で購入できます。こちらも、早く売るメリットは周辺の不動産価格が上昇している場合と、下落している場合でメリットが異なってくるようです。

価格が上昇している場合、売却期間が長くなると、住み替えする住居の購入が遅くなり、住み替え住居の購入価格が高くなってしまいます。その点、不動産を早く売却するとすぐに現金を手に入れ、次の住居も比較的低い価格帯で購入できるでしょう。反対に、価格が下降している場合は、早く売ることで高い価格で不動産を売却したことになります。

そして、新しい住居にする場合は、さらに不動産価格が下落していくので、安く購入できるメリットがあるのです。ただし、早く売るといっても1週間や10日以内などで売れるわけではありません。早く売れる目安として「3ヶ月以内」に売ることになるので、注意しておきましょう。

「なぜ売りたいのか」目的を大切にしよう

「高く売るメリット」と「早く売るメリット」について解説しましたが、重要なことは、不動産を「なぜ売りたいのか」の目的を明確にすることです。不動産を売却するということは、なんらかの目的があると思いますが、たとえ不動産を売却しても売却後の「本当の目標」を達成できなければただの「財産処分」となってしまうでしょう。不動産を売却した場合の本当の目標をしっかりと設定することによって、目標達成に向けて明確な売却活動を実行できるようになります。具体的には、以下のように売却目的を考えることが必要です。

手順1:何のために売却するのか?

「自分は不動産を売却して何をしたいのか」、売却する目的を今一度明確にしましょう。新築、相続税対策、老後の資金確保、などさまざまな理由があると思いますが、より目的を明確にすることが大切です。

手順2:売却後はどのような状況が理想的か?

次に、立てた目的を達成するためには、売却時にどのような状況になっているのが理想的なのかを再度確認します。

手順3:売却後の資金はいくら必要か?

売却後には資金はどの程度欲しいのかも明確にしましょう。不動産売却するときには、仲介手数料や諸経費が必要になります。また、住宅ローンの支払いが必要な場合は、清算しなければいけません。それらの必要経費を差し引いた場合、いくらぐらい資金が残るのかを計算しておきましょう

手順4:いつまでに売却したいか

いつまでに不動産を売却したいかはっきりさせることも重要です。相続税対策であれば納税時期にかかわってきますし、新居に引っ越したい場合は決済日などに関わってきます。ギリギリになって慌てることがないように、手続きや期限を確認して、不動産会社の担当者と無理のない売却プランを立てることが大切です。

 

今回は不動産売却において「高く売る」と「早く売る」のどちらがよいのかについて解説しました。高く売るメリットは現金を多く手に入れることができ、早く売るメリットとして、早く現金を手に入れられることが挙げられるでしょう。

しかし、周辺の不動産の価格帯が上昇しているのか、下落しているのか、また、売却後した後の資金の使い道によって、売却するメリットは異なってきます。不動産売却において、売却後の目的を明確化することが大切です。明確にすることによって、売却活動の計画や具体的な行動が鮮明にわかるでしょう。ぜひ、今後の不動産の売却活動の参考にしてくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索

おすすめの不動産買取業者比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名栄楽不動産うかい不動産HOUSE DOまごころ住宅三井のリハウス 岐阜センター美濃善不動産
お問い合わせお客さんの状況に合わせた3つの査定方法全国どこでも無料査定マネープランやライフスタイルに合わせた選択肢を提案売主がこの人に売りたいと思った買主に不動産を売れるお客さんの要望に合わせて4つの部署が対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく