岐阜で家を売るならこの業者におまかせ!口コミで評判の不動産買取業者をランキング形式で紹介しています。

不動産売却時の買取保証とは?即時買取との違いも解説

公開日:2021/01/15  最終更新日:2021/01/25


土地や建物など不動産を売りたい、転勤などで家を売るときに、まずはどうすればいいのか?詳しく知っている方は少ないです。不動産買取を依頼した場合にはそれぞれメリットや注意点もあります。産売却時の買取保証とは?即時買取との違いを解説いたします。土地や家を売ろうか検討している方は、参考にしてください。

不動産売却時の買取保証とは

不動産を売却する方法には「仲介」と「買取」があります。仲介は不動産会社に不動産を買いたい人をマッチングしてもらいます。販売価格は相場に近い価格で売ることが可能ですが、不動産を買いたい人を見つけるまで時間がかかることがあります。

買取不動産業者を通さないで直接物件を売却します。不動産会社を通さないので仲介料は取られませんが、高いと売れないため相場よりも安くなることがほとんどです。買取は仲介よりも安くはなるものの、確実に不動産を売却でき現金化するのも早いです。この買取には「買取保証」と「即時買取」があります。

■買取保証とは?

買取保証は不動産会社に不動産を買いたい方とマッチングしてくれる仲介と直接物件を売却する買取の両方を受兼ね備えたものです。買取保証を付けるとき、不動産会社は仲介期間を設け不動産が欲しい方をマッチングします。仲介期間内に買主が見つかれば相場に近い価格で不動産が売却でき、期間内に見つからない場合には不動産会社が買主になり、事前に決めておいた金額で売却します。必ず売却ができ、仲介期間内に借主が見つかれば相場に近い金額で売却できる可能性があるのが買取保証です。

■買取保証を受けるなら専属専任媒介契約を結ぶ必要がある

買取保証を受けるためには専属専任媒介契約が必要です。

・個人では買主を探し契約出来ない
・媒介契約が出来るのは1社だけ

買取保証を受ける際には専属専任媒介契約を求められます。不動産を売却したい方の中には不動産会社を比較し、よりより所を選びたいと思います。専属専任媒介契約を結ぶと他の不動産会社とは契約できなくなります。契約する前に慎重に不動産会社を選び信頼できる1社を探しましょう。

買取保証と即時買取の違い

買取には買取保証の他にも即時買取と言うものがあります。即時買取は不動産会社が買主になるので物件を直ぐに売却できます。スピーディに現金化したい方にはピッタリです。引っ越す日程が決まっている方や、早く不動産を売却し現金化したい方に向いています。買取保証と即時買取は、同じ買取ですが、それぞれ違いがあります。

■買取保証の特徴

買取保証の一番の特徴は仲介期間を設けてくれる点です。期間内に買主が見つかれば相場の金額で売却が出来る可能性があります。売れなくても不動産会社が買主になってくれるので売れるまで待つ必要はありません。

・売却活動を行っている時に買主が現れれば相場に近い金額で売却が出来る
・一定期間、売れなければ不動産会社が買主になってくれる

仲介のように買主のタイミングだけじゃなく、期間を設けることで確実に不動産を売却できます。

■即時買取の特徴

即時買取は不動産の売却完了まで時間がかからない点です。物件の価格調査のために訪問査定はありますが、1回で済む場合が多いです。

・売却まで時間がかからない
・購入希望者が内見に来ることがない
・仲介料かからない

スピーディに完結する即時買取ですが、市場価格よりも安くなる傾向にあります。

買取保証の注意点

買取保証は仲介と買取の良い所が合わさった買取方法です。買取保証は確実に売却できる、高く売れる可能性があることもメリットです。

■買取保証の注意点とは

買取保証は仲介期間内なら買主を探してもらうことが出来ます。期間内なら売却金額も相場に近いものになります。期間内に売却できなければ不動産会社が買主になるため、確実に売却が可能です。また、売却期間や買取相場がある程度わかるので今後の予定が立てやすくなります。メリットが多い買取保証ですが注意点もあります。

・売却価格が相場よりも低くなることもある

期間内に不動産が売却できない場合には不動産会社が買主になりますが、売却価格は相場よりも安くなります。より高く売却をしたい方は損をした気持ちになってしまうこともあります。

・販売活動に積極的じゃない不動産会社もある

買取保証の販売活動は不動産会社により差があります。積極的に販売活動を行う不動産会社もありますが、そうではない会社もあります。一般的な仲介の場合には売却が決まれば不動産会社に仲介手数料が発生します。買取保証は仲介期間に売却が決まっても不仲介手数料を支払わない場合、不動産会社に利益はありません。買取保証を選ぶ際は仲介期間の仲介手数料の有無や期間内の販売活動が活発かなども把握しておかないと買主が見つからないまま期間が終わり相場よりも安い価格で売却することになってしまいます。

■どんな不動産でも買取保証が受けられるわけじゃない

不動産会社により、買取してくれない物件もあります。買い手がつく確信がない物件は買い取らない不動産会社もあります。特に人口の少ないエリアの不動産や専有面積が小さな物件、耐震基準に満たない物件も買い手が付きにくいです。不動産会社の販売エリア外の物件も買取保証が受けられないこともあります。全ての不動産に買取保証が受けられる訳ではないので注意が必要です。

不動産売却時の買取保証と、即時買取との違いも解説しました。

・不動産会社による仲介期間がある
・売れない場合には不動産会社が買主になる

買取保証の場合には査定後に媒介契約を結びます。媒介契約を結ぶと1社しか契約が出来ないため、事前に不動産会社をリサーチしましょう。メリットが多い買取保証ですが選ぶ不動産会社により対応不可、販売活動をしてもらえないこともあります。買取保証の媒介契約は査定後に行うため、何社か比較して査定を依頼することでより良い不動産会社を選ぶことが出来ます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

おすすめの不動産買取業者比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名栄楽不動産うかい不動産HOUSE DOまごころ住宅三井のリハウス 岐阜センター美濃善不動産
お問い合わせお客さんの状況に合わせた3つの査定方法全国どこでも無料査定マネープランやライフスタイルに合わせた選択肢を提案売主がこの人に売りたいと思った買主に不動産を売れるお客さんの要望に合わせて4つの部署が対応
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく